デキストリンって何?

デキストリンは、デンプンから抽出される安全性の高い食品素材で、栄養価に優れることからサプリメントの成分としても人気を博しています。

デキストリンの抽出は、加熱処理した馬鈴薯のデンプンをアミラーゼで分解し、脱塩、脱色して行なわれます。

デキストリンは構成糖がグルコースで、古くから吸収率の高い食品として知られています。

また、水溶性食物繊維も豊富に含有しているため、整腸機能も有しており、WHOにおいては「1日摂取許容量の上限値」を定める必要がない食品のひとつに数えられています。

ミネラルの吸収阻害など、他の食品に与える影響もほとんどありません。

栄養価のみならず、低粘性、低甘味、熱および酸に対する安定性、保存性など、食品として様々な長所を有しています。

現在、広範囲の食品への応用が行なわれており、また、生理作用についても高い安全性が確認されています。

整腸効果に加え、血糖調節効果について厚生労働省から一定の機能表示を許可する「特定保健用食品」の認可を与えられています。

とりわけ、整腸効果については、不足しがちな食物繊維を補い、お腹の調子を整える効果が期待できます。

現在、便秘の解消を目的としたサプリメントなど、広範な健康食品において実績をあげています。

血糖調節効果については、糖の吸収を穏やかにするので、血糖値の気になる方にもおすすめです。

この他、血清コレステロール、中性脂肪の低下効果についても特定保健用食品としての効果が認められています。

ページのトップへ戻る