元利均等返済って何?

キャッシングやローンを始めとする、借入金の返済方法の中で、最も一般的なのが元利均等返済です。

元利均等返済とは、一定期間の間に返済する返済額が均等となるように、元金と利息が組み合わせた返済方法です。

利息となる金利が変動金利ローンの場合、返済額は5年毎に変動します。

但し、金利が増加する場合、金利の増加幅が25%以内になるように設定されるように義務付けされています。

元利均等返済の特徴は、初めてローンやキャッシングを利用する人にとって、とても分かりやすい返済方式だということです。

これは、返済額が一定額に決まるため、返済計画が立てやすいため、支払い期限を守れば確実に返済できるからです。

さらに、金利タイプを変動金利にした場合、金利上昇が起こっても支払負担が増えるリスクを避けることができます。

毎回一定額を返済する代わりに、元金部分の返済ペースが遅く、実際の返済総額が増えることがデメリットとなっています。

但し、元金部分が小さくなれば、利息部分も小さくなるため、少しでも前倒しして返済することでデメリットを解消することができます。

また、元利均等返済方式だけはなく、リボルビング返済を組み合わせた返済方式を採用することで、より自由度が高い返済方法を選択することができるようになっています。

自分の返済計画を立てる際は、リスクを小さくできる毎回の返済額と返済方式の組み合わせを調べるようにしましょう。

ページのトップへ戻る