ノコギリヤシと育毛について

ノコギリヤシと育毛の関係について説明する前に、男性型脱毛症のメカニズムについて整理をしておきましょう。

男性で最も多く見られる薄毛や脱毛は、頭頂部がしだいに薄くなっていく男性型脱毛症です。

これは男性ホルモンであるテストステロンが、還元酵素5α-リダクターゼによって、悪玉のジヒドロステロンに変わってしまうことで引き起こされます。

ジヒドロステロンは発毛で最も重要な毛乳頭にも悪影響を及ぼし、毛根の健全な発育を阻害します。

その結果、髪の毛はどんどん細く、弱々しくなっていき、最後には抜け落ちてしまいます。

ここでノコギリヤシが登場します。

最近の研究では、ノコギリヤシにはこのような脱毛を引き起こす張本人である5α-リダクターゼの働きを、おさえる効果があることがわかったのです。

ではこの耳慣れないノコギリヤシというのはどのような植物なのでしょうか。

ノコギリヤシはアメリカの主に南部に自生する背丈の低いヤシ科の植物です。

実はこのノコギリヤシはイタリア、フランス、ドイツなどのヨーロッパの各国では前立腺肥大の治療薬として使用されてきました。

そのノコギリヤシに育毛効果があることがわかってからは、育毛シャンプーや育毛剤などの重要な成分として使用されています。

ノコギリヤシは何と言っても植物ですから、天然由来の成分となり、新薬のような副作用がほとんど見られないことでも重宝されています。

またアメリカ南部はアメリカインディアンが、先住の地として現在でも住み続けている地域ですが、不思議なことにアメリカインディアンには薄毛や脱毛などの症状を訴える人がほとんどいません。

これは古来からノコギリヤシを使用してきたことが原因の一部となっているという説さえあるほどです。

ノコギリヤシはまた滋養強壮剤としても効果があることがわかっています。

安全で効果が高いノコギリヤシはこれからも強壮剤や育毛剤などの重要な成分として使用されることでしょう。

ページのトップへ戻る