生理前のニキビって?

女性のほとんどは毎月「生理」がやってきます。

生理の仕組みは皆さんもご存知の通り、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスによって生理という現象が起きるわけですが、この二つのホルモンの量は毎月変動しています。

生理前には黄体ホルモンの分泌量が増えるのですが、この黄体ホルモンは男性ホルモンと良く似た働きをしているために、ニキビなどの症状がおきやすくなるといわれています。

男性の場合には、男性ホルモンによって皮脂分泌が過剰になったりニキビが出来やすくなったりしますが、女性の黄体ホルモンも同じように、皮脂分泌が過剰になり、ニキビができやすい肌質になるという働きをしています。

また、黄体ホルモンはちょっとしたストレスや体の疲れなどによって刺激されてしまうため、生理前にはちょっとした生活習慣や気分の変動によってもニキビができやすい体質になってしまうようです。

生理前にニキビができやすくなるという女性はとても多いのですが、ニキビができやすいからと言ってホルモン治療を行うのは必ずしも最善の策とはいえないようです。

ホルモンバランスの乱れはもともと体内でバランスがとれない場合ももちろんありますが、大人ニキビの場合には多くの場合が生活習慣や食生活の乱れ、また、ストレスなど精神的な原因によってホルモンバランスが崩れてしまうことが多いようです。

薬によってホルモンバランスを調整する前に、まずは生活習慣を見直したり、ストレスを軽減する努力や工夫をする事が大切と言えるでしょう。

ページのトップへ戻る